2012-12-12 11:59:05 +0000 2012-12-12 11:59:05 +0000
82

ワッシャーはナット側とボルト側のどちらがいいですか?

何かを分解して組み立て直すときに、ワッシャーがどちら側にあったか覚えていないことがよくあります。ワッシャーが一つしかない場合、一般的にはナット側(ナットに押し付けている側)とボルト側(ボルトに押し付けている側)のどちらに入るのでしょうか?

回答 [8]

87
2012-12-12 14:06:51 +0000

ワッシャーは、ボルトやナットを使って機械部品を組み立てる際に多目的に使用されます。ここにいくつかの用途があり、あなたが見ることができるように、それはあなたの質問に直接答えるために一般化された答えを考案することができる可能性は低いです!

  1. いくつかのワッシャーは、緩んでくることからナットやボルトを維持するのに役立つようにしようとする特別な設計を持っています。ロックワッシャーとして知られているこれらは、スプリットリングタイプ、スタータイプ、波状または他のデザインの数のいずれかである可能性があります。ロックワッシャーは、最も可能性の高いナットなどの回転可能性のあるアセンブリの部分に使用されます。それはボルトがアセンブリの 1 つの部分の糸にねじ込む場合のボルト頭部の下で使用することができます。ワッシャーは時々組み立てられた部品の表面を保護するのに使用されます。締め付けプロセスの間に回されるナットまたはボルトヘッドは穴のまわりで部品の表面を傷つけることができ、ワッシャーは部品とは対照的に虐待を取るために使用することができます。これは、部品がプラスチック、真鍮、アルミなどの柔らかい材料で、より硬い材料で作られたワッシャーが使用されている場合に特に当てはまるかもしれません。時々、薄い材料がアセンブリの一部であり、薄い材料の大きな部分に渡ってタイトボルトの圧力を分散するのを助けるために、より大きな直径のワッシャーが使用されます。これらのケースでは、ワッシャーは薄い材料に対して使用されます。それは、材料を平らに保つか、ファスナーの引き抜きを防ぐのに役立ちます。上記の#3のように使用される大きな直径のワッシャーが、最初の上に直径のワッシャーの小さい別のワッシャーと一緒に使用されるかもしれない時があります。これは、ボルトが締め付けられているときに大きな直径のワッシャーがきのこる傾向がある場合に行われます。これは、組み立てられている部品の穴のサイズと位置の公差を可能にするために設計されています。これのもう一つのバリエーションは、ボルトとナットが完全に締め付けられる前に、他の相対的な1つの部分の調整を可能にする長いスロット穴になります。ワッシャーは、締め付けられたボルトの圧力がスロットを越えて部品自体の上に広がるように、スロット穴の上に使用されます。また、ワッシャーは、締め付け中にボルトヘッドやナットが変形しないようにするためにも使用されます。ナットの移動はボルトの肩掛けされた設計によって制限されるか、またはスリーブが穴のボルトのまわりに取付けることができるかもしれません。このような場合、可動部がボルトヘッドやナットを摩耗させないようにするためにワッシャーが使用されることが多い。ワッシャーは、それ自体と可動部との間の摩擦を減らすように設計された材料で作られている場合があります。これはまた、摩擦によってナットを緩めようとすることから回転部分を維持するのに役立ちます。一般的な例としては、より大きな直径の平座金と一緒に使用されているロックワッシャーを見ることです。
87
36
2012-12-12 12:17:40 +0000

ワッシャーが一つしかなかった場合は、ボルト側よりもナット側の方が接続物との接触面積が少ないので、一般的にはナット側になります。

36
13
2012-12-12 15:59:07 +0000

ナット/ボルトに使用されるワッシャーが1つしかない場合、通常はナット側で使用します。ワッシャーは、締め付けられる対象物の表面への損傷を防ぐのに役立ちます。ボルトが回しやすいほとんどの場合、ボルトはとにかく少ない損傷を引き起こす丸い頭を持っています。

同じ理由で、ロックワッシャーは常にナットの移動を停止するためにナット側に行きます。ロックワッシャーは、ほとんどの場合、フラットワッシャーと同様に使用されます。

ナットはまた、しばしばボルトヘッドよりもプロファイルで小さくなっています。必ずではありませんが、よくあります。ワッシャーは、ナットが被締結物の表面にかかる圧力を分散させるのに役立ちます。

13
5
2012-12-13 15:28:29 +0000

トリプル使用(私はメカニックの年後に見たように) :

1)ワッシャーは、あなたがナットをねじ込むときにサポートの研削を避けるために使用された後です。

3)ワッシャーは、あなたがそれらを少し(例えば、関節)に油を注ぐ場合は、ボルト締めアセンブリで移動するものを助けます。

EDIT

ワッシャーのように多くの種類がありますが、私はより一般的なものにアドバイスします :

enter image description here(wikipediaの画像)

フラットワッシャー(写真の最初の行) :

  • "フラットではない広い" : サポートの劣化を避けることができます(塗料、.... )
  • "フラットワイド" : ピボット用、ボルトを締めるピースが移動しなければならないときに
  • "フラットワイドで厚みのあるもの" : 硬くない支持体(松材、プラスチック、...)へのボルト/ナットの貫通を避けるために

ロックワッシャー(画像の2列目と3列目) :

  • 全タイプ : ボルト/ナットと支持体をロックするために支持材を貫通させます

その他のタイプは特定の用途に...

5
3
2015-06-26 09:05:17 +0000

一般的には、ボルトアップするときは、一緒にボルトで固定されている様々なコンポーネントを介してボルトを挿入し、ネジ山の上にワッシャーを配置し、ナットを固定します。通常は、ボルトを保持している部品の内側でボルトを回転させることは避けたいものです。ワッシャーは、ナットが回転することができる滑らかな比較的摩擦のない表面を提供します。ボルトのトルク値に興味がある場合は、ボルトシャンクが一緒にボルトで固定されている部品の内部で回転しているボルトの摩擦を許容することはできません。ボルトの頭の下の部材がひどく腐食していたり、穴が大きく摩耗している場合は、ボルトの頭の下にワッシャーを設置して荷重をより良く分散させることを検討してください。

3
2
2012-12-12 18:23:22 +0000

材木を一緒に固定する場合は、ナットとボルトの頭の両方にワッシャーを付けることになります。そうでなければ、指摘されたように、それは一般的にナットの内側、外側と締結された部分に対して行く。

2
0
2015-09-03 18:12:14 +0000

ワッシャーが1つしかない場合、最初の組み立て時に2つ目のワッシャーを付け忘れたり、問題のアイテムを最後に分解して組み立て直した時に、ワッシャーがどこにあったのか、絶対的な保証はありません。

確率的にはナットの下にワッシャーを置く方が有利ですが、単純な「常にナットの下に置く」という答えは有用というよりも誤解を招く可能性が高いです。いくつかの試行錯誤が必要かもしれません、および/または第二ワッシャーの追加、および/またはロックワッシャーなどの

チャンスは、それが完全に動作していた場合は、最初の場所で離れて物事を取っていないだろうということですので、変更を加えることは改善かもしれません。

0
0
2013-10-07 04:18:34 +0000

ロックワッシャーはナットと突き合わせるべきだという意見には概ね同意します。私は、これが実用的でないことがあり(例えば、ナット端のスペースが足りない)、ボルト側のロックワッシャーを使用することを躊躇しませんでした。これは罪ではありませんし、他の方法とほぼ同じように機能します。

考慮してください。あなたが持っているものは、スチールリングで、一箇所にカットされています。その後、両端は、彼らが同じ平面内にないように曲げられ、その後、基本的なばねを形成するために調質されています。そのため、ナットをロックワッシャーにねじ込むと、ロックワッシャーを平らにして一平面に戻すのに相当な力がかかります。それはばね鋼であるため、単にワッシャーを曲げて平らに戻すのではなく、加えられた力はワッシャーに蓄えられた潜在的なエネルギーとして保持されます。ナットを押し戻すことで、ナットが緩むのを防ぎます。この反力により、物理的な振動が発生する空間ができないようにしているので、ナットが緩んで振動することはありません。同じバネ力でもナットの質量は多少小さくなるので、ナット側の方が振動(緩み)の制御が若干良くなると言っても良いと思います。私は、ロックワッシャーを付けた側と付けた側では、効果の差は測定しにくいと考えています。通常、フラットワッシャーが一つしかない場合は、それもナット側になります。より均等な締め付け圧力をかけることに加えて、この方法ではロックワッシャーが収縮するのに適した平らな表面が得られます。

0